ブログ

Blog

個人向けキャリアカウンセリング

今、仕事で悩んでいるあなたへ〜

ふっと 転職・就職を考えた時、まずなにから手をつけますか?

目次

転職することへの罪悪感

現在は昔のように終身雇用でもありませんし、転職することが悪いという感覚も無くなってきています。
以前は一旦入社したら生涯その会社で定年まで働き上げることが当たり前でした。
転職するとご近所の目も気にするようなことも多々ありました。
大きな会社に就職すると、

「あそこの誰々ちゃんはどこどこ会社に入ったらしいよ」

なんて噂もよく聞きました。
そんなことから、会社を辞めたということはとんでもなく悪いことで、それだけならまだしももうまともな生活ができないよという意識にもなっていました。

実際私が子供の頃はよくそんな話を聞いていました。
その噂の主人公もどことなく後ろめたい雰囲気を出して生活していたことを思い出します。

しかしながら、現在そのように一つの会社にずっとという考え方は大きなリスクにもなっています。
会社は一生面倒を見てくれません。
リストラということもありますし、倒産も当たり前に起きます。
そうなってからではどこも雇ってはくれない世の中になってきています。

会社にいるうちに自分のできることを確立しておく

「私なんかなんにもできない。会社では言われたことをやっているだけ。」

そんなことを言うかた、たくさんいらっしゃいます。
そのようなことを言われるかたの多くは事務系のお仕事をされているかた。
技術系のかたを見てそのように感じるのかもしれません。

現在の世の中は当たり前のようにI Tという言葉を耳にします。
一般的にパソコンが普及していることも影響しています。
スマホなら何もしなくてもすぐネットにつながりますが、パソコンだとそういうわけにもいかないこともしばしば。

そのような環境なので、何か特別なことができなくてはと言う気持ちもわかります。
自分のできること、人に言えるようなスキルを確立しておくと言われても難しいのかもしれません。
しかし、毎月当然お給料をいただいているのです。 
そのかたじゃないと分からないこと、できないこともあるんです。
また、普段どのような思いを持って仕事をしているかということも大切です。

やりたいことはどうやって見つけるのか

私は仕事に関しての相談に乗ることが仕事で、これまでたくさんのかたの話を聞いてきました。

その中で、
現在の仕事から飛び出したい人。
今の仕事で何とかしたい人。
がいました。

あるかたは国家資格を取得したのにそれを捨ててまで転職をしようとしているかたがいました。
その資格はなかなか取得するのが大変で、勉強もたくさんおこなったようです。
しかもその資格は業務独占資格。
それでもその資格を捨ててでもここまではっきり「これをやりたい」ということがあれば問題ありません。

しかし、そのようなかたは稀で大概は自分のことなのに何をやりたいのか分からないかたが圧倒的です。

そのような時どんな話をするのか

一つは、これまでおこなってきたことをじっくり伺います。
話を聴くことでこれまで大事にしてきたことが見えてきます。
もちろん仕事に限ったことを聞く訳ではありません。
仕事以外のことの中にそのかたの価値観が出てきます。

誰かに
「あなたはこんな仕事が向いているんじゃない?」
なんてことを言われたことがないかということも伺います。
案外自分で自分のことは見えていません。
他の人から客観的に見られた方が当たっていることもあるものです。

「これまでにどんなことで褒められましたか?」

こんなことも自分が何に向いているのかを知るヒントになります。
褒められるのは
主観的に
客観的に
相対的に
絶対的に
いろいろな見方、角度から見ること見られることによって自分自身が見えてくることもあります。

あなたにとってのこだわりって?

自分がどんなことに向いているのかということがはっきりしなくても、きっと何かしらのこだわりってあるものです。
また今後に向けてこだわっていきたいという思いもあるのではないでしょうか?
お金のこと
健康のこと
趣味のこと
お気に入りの家電
大事な家族
地域
テレビ
芸能人

好きなことや自分らしさということは人それぞれです。

それこそ正解なんてありません。

その中で心から納得して生きることがすなわち「自分らしさ」です。
キャリアカウンセリングを受けることによって、その「らしさ」が見えてきます。

相談とは違うカウンセリング

カウンセリングがどのようなものなのか何となく見えてきたでしょうか?

人は言葉でコミュニケーションをとります。
しかし言葉以外でもコミュニケーションをとることができます。
時にはこれが厄介なこともあります。

言わなくてもわかってしまうこともあるので、場合によってはそれが良い時もあるでしょう。
反対にわかったような気になっているということもあります。

あなたはこれまで誰かに相談をして、ちゃんとわかってもらえたということがどれくらいありますか?
何かもどかしさを感じた時はありませんでしたか?
最後まで話をしないうちに、決め付けられたということはありませんか?

人は同じような経験をすると、ついアドバイスをしたがります。
でも経験した事柄は同じだとしても、その時に感じたことは人それぞれです。

キャリアカウンセラーは常にフラットな気持ちで話を聴きます。
決めつけることはしません。
その時の相談者の気持ちを大切にします。
その人が感じたことに、誰も正解や不正解などと判断できないことをよく知っています。

まとめ

キャリアカウンセリングについて書いてきました。

でも実際カウンセリングを受けるのってちょっとな〜〜
いったいどのような展開になっていくのだろうか?
そんな心配もあるかもしれませんが、何も心配することはありません。
なんかよく分からないけどもやもやする。ムカついている。イライラしている。
人ですから、感情がありますから当然です。喜怒哀楽があって当然なんです。

何も心配することなく話をしにきてください。

転職支援、キャリアカウンセリングの流れ

ホームページの「お問い合わせ」からお問い合わせください。
お問い合わせ内容には今思っていること、感じていることなど自由に書いていただいて大丈夫です。

後日メールにて
具体的なご相談内容などいくつかお伺います。

面談について
現在、新型コロナウィルス感染拡大によって直接面談ではなく、オンラインにてお話を伺います。
Z O O MやL I N E、Facebookメッセンジャーなどご希望により対応いたします。

転職支援、キャリアカウンセリングの料金について

転職支援については無料です。
キャリアカウンセリングについては4月10日から5月6日までは無料です。

・転職支援
転職をしたいというかた向けのサービスで、弊社経由で企業に応募をすることが前提になります。
・キャリアカウンセリング
現在のお仕事に対する悩みや将来に向けての思いなどを伺います。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ