ブログ

Blog

エンジニアとしてのキャリアアップとは何か3?

私自身が、30年間もエンジニアを続けてきた軌跡を書いていきます。
自分としてはエンジニアとしては良い人生を送ったと思います。
実際の派遣先での出来事や、その時どのような思いを持っていたのかを赤裸々に書いていきますので、これからエンジニアになろうと考えている学生や、エンジニアに転職してみようと思っている方、是非参考にしてください。

目次

派遣3社目 専門外の業務

私の専門は機械です。
学校も機械工学科を卒業しています。しかし派遣3社目は住宅開発の仕事。

そうです。バブルの影響が前の派遣先でも出始めたんです。

ということで、景気が悪くなると公定歩合の引き下げ、当時の住宅金融公庫の率も下がります。家を建てる人、買う人が増えたんです。
そんなことからその派遣先での業務になりました。

ずっと機械設計を行ってきたわけですが、ここでは住宅の開発。しかも木質系のユニット住宅
考え方からやり方、進め方が全く分からない。
図面にしても、こんな図面?目を疑う図面です。

機械図面のような寸法を入れると、誰も読めないと言うこともよくありました。
逆に機械設計では使わないモジュールという考え方や、図面では矩計図という図面。
建築士としての知識とその考え方などとても新鮮でした。

派遣でもここまで任せてもらえる。派遣社員と言うことを忘れた派遣先

ここの派遣先では、C A Dで図面を描いていましたが、基本的に図面に関しては派遣で来ているCADオペレーターが描くことになっていました。

社員は漫画で描いて、それを図面化して、系統立てて作成していくというやり方です。

この会社はとてもバリエーションが多いんです。
なので、一つの設計が終わってもそれを他のバリエーションに展開していかないといけないんです。
なので、その辺をCADオペさんが作成していきます。
下手したらCADオペさんの方が図面に詳しいってこともよくありました。

私はそんな中で派遣で来ていたので、その両方を行っていました。
なのでとても重宝されていたと思います。まぁ良いように使われていたって感じです。

でもその良いようにっていうのがとても心地がよくって、自分からなんでも手を挙げて行っていました。
その態度にしっかり応えてくれた派遣先でもありました。

例えば
住宅なので、たくさんの業者さんと付き合いがあります。
業者さんにしてみたら、自分のところに発注が入れば、年間何千、何万件の発注となります。
なので結構凄い接待もしてくれました。

そんな中、自分が派遣社員であるということも忘れていたこともあります。
接待のセッティングをやったり、お店の予約をしたり、メンバーのスケジュールの調整なんかも全て行っていました。

もちろん仕事もちゃんとしてましたよ。
当然試作をするのでその発注を行いますが、上司のチェックはなし。金額がいくらであっても何も言わず印を押してくれていました。

「良いよ。海老ちゃんが良いと思うならその通りやって!」

当然ながら失敗もあります。でもそんなことを言ってもらえた派遣先でした。

仕事の楽しさを感じた時でした。

人は誰かに認められる。あてにされると頑張るものです。
その気持ちがモチベーションにつながり、技術的な部分はもちろん人間性のキャリアアップにつながるんです。

どんな小さなことでも一生懸命やる。やりすぎるくらいにやる。
この行動が信頼を得て、任せてもらえることになると今でも思っています。

エンジニアです。やりすぎることなんてありません。
「これで良いや」
この言葉は絶対にNGです。
1+1の計算も電卓を使うくらいの気持ちがなければ、エンジニアとしてのキャリアアップはあり得ない。
それほどエンジニアってこだわりを持って行う仕事なんです。

専門外の業務を行うことによって見えてくるもの

楽しさ 知らない事を知る

自分の専門外の仕事を行うと、どうしてそれをやらなければいけないのかという疑問から入ることが多いのではないでしょうか?

しかしその仕事はやらなければならないことだから、目の前に現れたんです。

だからこそ、その知らないことに興味を持って取り組む。
それによって、それまでの自分のスキルとどのように絡ませられるかが見えてきます。

また、自分の知らない自分が見えてくることもあります。
この派遣先での業務がそうでした。
こんなに自分から動く人間だったんだ。
こんなに段取りを大事にする人間だったんだ。
そんな自分を発見しました。

自分の得意なこと 自分を俯瞰してみることができたからこそ

専門外の業務を行うことによって、自分の得意なことがどんなことなのかってことも見えてきます。
私の場合は、図面に対するこだわりであったり、仕事の進め方の大切さを重要視することでした。

自分のやりたいことがはっきり

専門外だったからこそ、やりたこともはっきりしました。

やっぱり動くものの設計がやりたい!
そして、もっともっと勉強しなくては!

より自分を追い込むようになりました。

何より専門外をやってきたキャリアを無駄にはしたくない。
そこをしっかりと意識する自分がいました。

そんなところから、全ては無駄ではなく必要なことで、必然なんだという感覚と意識が芽生えたのかもしれません。

転職支援、キャリアカウンセリングの流れ

ホームページの「お問い合わせ」からお問い合わせください。
お問い合わせ内容には今思っていること、感じていることなど自由に書いていただいて大丈夫です。

後日メールにて
具体的なご相談内容などいくつかお伺います。

面談について
現在、新型コロナウィルス感染拡大によって直接面談ではなく、オンラインにてお話を伺います。
Z O O MやL I N E、Facebookメッセンジャーなどご希望により対応いたします。

転職支援

転職支援については無料です。

転職をしたいというかた向けのサービスです。
転職へのご意向や方向性が固まりつつある方で、転職活動をはじめたい方向けのサービスになります。
求人への応募の意思がまだないという方は、まずはキャリアカウンセリングを受けてみてから転職活動をすることをお勧めいたします。

キャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングについては
8,000円/1回(初回は時間ではなく1回としています)

2回目以降は
8,000円/60分

※料金は税込みです。


現在のお仕事に対する悩みや将来に向けての思いなどを伺います。
ただいま料金無料でキャリアカウンセリングのほか、ちょっと話をしたいとうかたにもご利用いただいております。
自宅待機で誰とも話をしていない。なんてことになっていませんか?
話をすることで気持ちも楽になってきます。

メールにてお問い合わせください。

お問い合わせ後の流れについて
・お問い合わせ受付の確認連絡
  海老沢からご連絡いたします。
・日程調整
・振込み先などのご連絡
 簡単な事前確認をお送りします。
 相談したい内容などお聞かせください。
・zoomなどによるカウンセリング
・フィードバック

★こんな方にお勧め
 □今の仕事に不安をもっている方
 □自分自身を知りたい方
 □自分の強みが何なのか知りたい方
 □転職しようかどうか考えている方
 □周りに相談できる人がいない方

★キャリアカウンセリングを受けると・・・
 □今の仕事への取り組み方が変わります。
 □自分を理解できるようになります。
 □転職すべきかどうかわかります。
 □人と話すことによって心が落ち着きます。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ