ブログ

Blog

エンジニアとしてのキャリアアップとは何か4-2?

私自身が、30年間もエンジニアを続けてきた軌跡を書いていきます。
自分としてはエンジニアとしては良い人生を送ったと思います。
実際の派遣先での出来事や、その時どのような思いを持っていたのかを赤裸々に書いていきますので、これからエンジニアになろうと考えている学生や、エンジニアに転職してみようと思っている方、是非参考にしてください。

目次

エンジニアのキャリア、人としてのキャリア

前回、技術は年齢じゃなくって知っているか知っていいないかということまででしたが、その派遣先であったエピソード
徐々に仕事を任せてはもらっていましたが、ある日その後輩と私がその派遣先でのご意見番的な超ベテランエンジニアと話をしていた時、私が装置のカバーの設計を任されたんです。
その後輩は面白くありません。
カバーは人目につくところ。目立つ部分です。それをまだその派遣先での経験があまりなかった私にったなった。

それをそのベテランの人に話をしたんです。
その方から担当を自分にするように言ってもらいたかったんでしょうね。
でも、その方が言ったのは

『それは、海老沢君がやれば良い』

その後輩はすかさず
『なんで?まだそんなにCADも出来ないのに!!』

その方がいうにはCADではなくこれまでの経験から私ということだったんです。

なんか認められたって瞬間でした。

そしてこの時エンジニアはツールじゃないんだなって実感した瞬間でもありました。

いくらツールが使えてもエンジニアとしての経験が設計には重要ということなんですね。

機械設計の奥深さ

その後その後輩は面白くない顔をしながらも、ちょっと私を認め初めてはくれました。
しかし、カバーの設計はそんなに大変なものではなくって、難なく終わりました。

それよりも機構の設計をやることになってからの方が大変。
いくら知識があっても、やはりその派遣先での経験値が少なければうまくはいかないものです。
ある意味とんでもない発想でということもあるのでしょうが、大きな製作所だったので、やりたいようにやって良いと言われてもそこな超保守的。レビューをするとメタメタに言われます。

設計はやればやるほどその難しさが加わります。
メンテはどうするのか?
調整代はどれくらいなのか?
寿命計算書は?
過去のトラブルは確認しているのか?

そんなの知らねーよって何度も心の中で言ったものでした。

機械設計はただ形にすれば良いってことではないってことを知りました。
考えられることを全て考えて、きちんと説明が出来なければ認めてもらえません。
とりあえずということが許されない仕事です。
ましたやその時の派遣先は医用機器の開発です。
ちょっとしたことが人の命に関わります。

だからなんでしょうが、何度もレビューをしますし、設計にOKを出した上司でさえレビューの時になると回れ右して攻めてきます。
ちょっと人間不信にもなりました。
しかもとってもきつい言葉で攻めてきます。

そんな経験から、いつでも何を聞かれても普段からしっかり理由を言うというスタンスになりました。

4力学の重要性

学生時代に機械設計をかじった方ならわかると思います。4力学
材料力学、機械力学、流体力学、熱力学

知らない人にしたらなんのこっちゃわかりませんよね?

材料力学は、例えば川に橋を掛ける時、どれくらいの大きさが必要だとか
機械力学は、これくらいの力で叩くとどうなるとか
流体力学は、飛行機が飛ぶのはとかヨットが航行するのはとか
熱力学は、・・・嫌いだったので良い例えが浮かびません。

前の派遣先では産業用冷凍庫の開発だったので、嫌いな熱でした。
そこではずっと計算ばかりだったので、あまり熱力学のことには触れませんでした。
しかし、この派遣先では材料力学をフルに使ってました。

学生時代、材料力学はなんとか出来ていましたが、実戦の場でどう使うのかというのはこの派遣先でしっかり叩き込まれました。
やっぱり4力学は大切
これが結論です。

力学でしっかりその根拠を示すことができれば、自信を持って設計ができるということを実感しました。

学生の方でイマイチ4力学が苦手という人もいると思います。
出来なくても良いです。
ただ、苦手意識は持たない方が良いです。
それに、社会に出てからの4力学は、研究をするのでなければ簡略化して考えるという時に使うものなので単純になります。
テキストは捨てちゃダメですよ!

エンジニア向けキャリアコーチング・転職相談・TCS講座の流れ

★ホームページの「お問い合わせ」からお問い合わせください。
 今思っていること、感じていることなど自由に書いていただいて大丈夫です。
 後日メールにて具体的なご相談内容など、いくつかお伺いします。
★面談について
 対面ではなく基本zoomにて行います。
 ご希望により対面でも面談も行います。
 ご相談ください。

エンジニア向けキャリアコーチング

■エンジニア向けキャリアコーチング
8,000円/1回(初回は時間ではなく1回としています。おおよそ90分を予定しています。)

2回目以降は
8,000円/60分
*料金は税込みです。(10月から料金改定しています。)

キャリアコーチングを受けることによって
□今の仕事への取り組み方が変わります。
□自分自身を理解できるようになります。
□自分自身の考えを整理することができます。

エンジニア向け転職相談

転職するかしないか、そこからのご相談を受付ます。
履歴書、職務経歴書の作成の仕方から添削、場合によっては転職先のご紹介、アフターフォローまで行います。

履歴書、職務経歴書の添削は基本メールにて行います。
料金はお問い合わせください。

トラストコーチングスクール(TCS)

トラストコーチングは第一線で活躍するビジネスパーソンに選ばれ続けてきたコーチングブランドです。
トラストコーチングのプログラムはコーチングの専門技術を学ぶだけではなく”人に信頼される自分”を確立していくプロセスをベースにしています。
『あなたの大切な人との関係性が変わる』をサポートし、新しい可能性を引出すプログラムです。
コーチングを体感しながら専門技術を学び、コミュニケーション能力を高め、あなたの新しい可能性を引き出していくプログラムで構成されています。

■TCS(トラストコーチングスクール)
 ★BASIC講座 ¥20,000(税別)*テキスト代含む
   時間:2〜3時間
   権利:ADVANCE講座受講権利

 ★ADVANCE講座 ¥30,000(税別)*修了証発行代を含む
   時間:2.5〜3時間
   権利:認定コーチトレーニング受講権利

どのようなものなのか知りたい
という方は下記『お問い合わせ』からご連絡ください。
無料の説明会も随時実施しています。(所要時間30分程度)

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ