ブログ

Blog

エンジニアとして、人としての大きな成長を実感

私自身が、30年間もエンジニアを続けてきた軌跡を書いていきます。
自分としてはエンジニアとしては良い人生を送ったと思います。
実際の派遣先での出来事や、その時どのような思いを持っていたのかを赤裸々に書いていきますので、これからエンジニアになろうと考えている学生や、エンジニアに転職してみようと思っている方、是非参考にしてください。

目次

人との関わり方を学んだ。
人としての大きな成長の時

名古屋での社内派遣の業務を行なっている中で、この時の会社が名古屋で創業したということもあり、このエリアのエンジニアのとても熱い思いを感じていました。
そしてふと、自分の地域のエンジニアはどうだろう?
そんな思いが強くなって、その時の上司に無理を言って地元に戻してもらいました。

もしその時そんな無理を言わなかったら、きっとその時の会社にまだいたのかなって。
もちろん今だからですけどそう思います。

話を戻して、そんな思いから地元に戻ってきました。

地元は茨城です。
基本は農業が盛んではありますが、あの日立製作所の発祥の地。
国道6号沿いは工場が立ち並んでいるところなんです。
なのでエンジニアはとても多い。

ということで、一年ぶりに地元の日立系の工場に派遣になりました。

が、ここの派遣先が私の人生を大きく変えたんです。

きっとこれが鬱なんだなって実感したんです。

幸い病院に行くところまでにはなりませんでしたが、月曜の朝がしんどかった。
目は覚めます。
起き上がることもできます。
でもベッドから出ることができない。

なんとも言えない罪悪感

結局休むという選択をせざるを得ない。

辛かったですね〜

でもただでは起きない私
ここでは人との関わり方を学びました、というか後になってから学んだんだなって思います。
このタイミングで必要なことだったんでね、きっと。
だからこそ、その後同じような状況の人の気持ちや、メンタルを攻撃する人の気持ちもわかるようになったんです。
それが全部必要なこととして、今の仕事の糧になっています。

人はその時々で必要なことを学ぶものなんです。
それがもしかすると鬱という現象として出たとしても、何かのきっかけでその状況を抜け出すことができます。
その抜け出すタイミングもはじめからちゃんと計画されているものなんです。

そんな辛い時、カウンセラーに頼ったりコーチに頼ったりしてもすぐには改善されない。
でも何かの時に、フッと言葉を思い出す。
そしてそれがきっかけでトンネルを抜ける。

いつの時もベストなタイミングなんです。

人との関わり方を知って、自分自身を知る。

そんな辛い、でも必要な時期を経験して
今だからこそ分かったのが

自分らしさ

これってなかなかわからないものですよね?
それを知ったというのが、私には必要なことだったんですね。

それでは今私が思う、私らしさとは?
それは

『人の辛い気持ちを一緒に感じることができる』
『嫌な人という概念がない』

ということです。
もちろんそれ以外にもたっくさんありますよ。
渋さを装っている
ちょっとお茶目とか
たまにヘラヘラしてる
縦と横がびしっとしてる
超がつくほどの几帳面なくせにズボラな部分が多い
自分に対してはケチ
何をするにも段取り、効率を優先
・・・
あげればキリがない(笑)

でも基本は
『人の辛い気持ちを一緒に感じることができる』
『嫌な人という概念がない』

そんな自分を今はよく知っていますし、それをしっかり受け入れてます。

話を聞いてくれる人がいたならば・・・

そんなタイトルをつけたけど、辛い時は誰に話を聞いてもらっても辛いだけ
ただ、少しは気持ちが前に向くかもしれない。

カウンセラーにお金を払って話を聴いてもらっても、なかなかトンネルの出口が見えないことも多いんです。

もちろんカウンセラーの技術力というのも影響がありますよ。
スキルが高いカウンセラーならなんとかって思うかもしれない。
有名なカウンセラーなら。

でも医者も同じでしょ?
どんなにゴッドハンドな医者でもすべての病気を治すことはできない。
人には必ず相性があるからね。

だったらどうしたら良いの?

そう思うよね?

まずは身近な人に話してみる。
次にそんなに値段の高くないカウンセラーにって感じかな?

カウンセラーへの相談って案外高額だったりする。
そうするとそれだけのお金を払っているんだからって気持ちになる。
結局ダメな時、そのショックはもっと大きくなってしまう。

だから、この時間の相談でこの値段なら、まあ良いかってところを探すのが良いのよ。

技術的な成長ではなく、人としての成長

普通エンジニアの派遣という働き方は、その派遣先でスキルを高めること。
自分のエンジニアとしての市場価値を上げることです。

でも私はこの派遣先で、人としての成長の機会をもらった。
だから、エンジニアを辞めることになんの抵抗もなかったんだと思います。

もちろんエンジニアとしても人として成長はできますよ。
時に派遣で働いているならば、派遣先が変わるごとに人付き合いも変わるわけですからね。

違う人との関わりで、自分が持っていない視点を感じることができると、人は大きく成長するんです。

だから人は誰かとの関わりなくして成長はないんです。
書籍から、ネットからでは成長は補えないんです。

一時期流行ったアドラーも行っています。
『すべての悩みは対人関係の悩みである』

この悩みこそが人としての成長なんです。
この悩みがなくては人は成長はしないんです。

ちょっと脱線しました。


エンジニアだととかく人との関わりが関係ないような感じもします。
でも視点が増える。人との絡みが増える。
これによって考えの視野が広くなる。
つまり技術にも幅が増えるんです。

私の場合はその対人関係が強くなったがために

技術から人

にシフトをしただけの話なんです。

TCS講座、エンジニア向けキャリアコーチング・転職相談の流れ

★TCS講座受講をはじめ、ホームページの「お問い合わせ」からお問い合わせください。
 今思っていること、感じていることなど自由に書いていただいて大丈夫です。
 後日メールにて具体的なご相談内容など、いくつかお伺いします。
★面談について
 対面ではなく基本zoomにて行います。
 ご希望により対面でも面談も行います。
 ご相談ください。

トラストコーチングスクール(TCS)

トラストコーチングは第一線で活躍するビジネスパーソンに選ばれ続けてきたコーチングブランドです。
トラストコーチングのプログラムはコーチングの専門技術を学ぶだけではなく”人に信頼される自分”を確立していくプロセスをベースにしています。
『あなたの大切な人との関係性が変わる』をサポートし、新しい可能性を引出すプログラムです。
コーチングを体感しながら専門技術を学び、コミュニケーション能力を高め、あなたの新しい可能性を引き出していくプログラムで構成されています。

■TCS(トラストコーチングスクール)
 ★BASIC講座 ¥22,000(税込)*テキスト代含む
   時間:2〜3時間
   権利:ADVANCE講座受講権利

 ★ADVANCE講座 ¥33,000(税込)*修了証発行代を含む
   時間:2.5〜3時間
   権利:認定コーチトレーニング受講権利

どのようなものなのか知りたい
という方は下記『お問い合わせ』からご連絡ください。
無料の説明会も随時実施しています。(所要時間30分程度)

エンジニア向けキャリアコーチング

■エンジニア向けキャリアコーチング
8,000円/1回(初回は時間ではなく1回としています。おおよそ90分を予定しています。)

2回目以降は
8,000円/60分
*料金は税込みです。(10月から料金改定しています。)

キャリアコーチングを受けることによって
□今の仕事への取り組み方が変わります。
□自分自身を理解できるようになります。
□自分自身の考えを整理することができます。

エンジニア向け転職相談

転職するかしないか、そこからのご相談を受付ます。
履歴書、職務経歴書の作成の仕方から添削、場合によっては転職先のご紹介、アフターフォローまで行います。

履歴書、職務経歴書の添削は基本メールにて行います。
料金はお問い合わせください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ